【湿気の多い祝日の深夜に料理を】

星に願う少女は目を閉じた
TOP PAGE >

どしゃ降りの月曜の昼にゆっくりと

知佳子はAさんが大好きな様子だ。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
彼が出張に行くときは、知佳子もついて行くし、つい最近は私も一泊だけ一緒に行った。
Aさんも知佳子も私の事を同じ名前で呼ぶし、どの店で飲んで、どの交通手段を使おうか、とか、二人して、私に質問してくれる。
なぜか目をかけてくれている気がしてきて、凄く雰囲気がよかった。

ノリノリで自転車をこぐ友人とよく冷えたビール
一人旅でも仕事としてでも、韓国に行く機会が多い。
縁が深いのは、日本から近いプサン。
観光ももちろんだが、女性は韓国のスキンケア商品や小物など興味を持っている人も多いようだ。
韓国では見かけへのこだわり、つまり外見を磨くことに関しての熱は強い。
転職や、お見合いの際に、日本に比べて露骨に判断される場合が多々ある。
そのことから、韓国で発売される基礎化粧品は、肌に良い成分が日本の物より多く含まれている。
なので、合う合わないは出てくるものの、使用後は期待してもいいだろう。

陽気に跳ねる姉妹と気の抜けたコーラ

普段、仕事やするべきことに追われていて、ほとんどゆっくりできる時間が持てない。
少しのフリーが持てても、だいたい次の仕事の予定など、何かの詳細が頭の隅にある。
そんなときに、一日休みができると、かなり喜んでしまう。
では、少しの休日をどんなふうに使おうかと。
結局いつも、あれしたい、これしたい、という願望のみが重なり、すべては上手くいかない。
何をしていても私はゆっくりペースなので、考えているうちに一日が経過。
時は金なり、という言葉は正に明確だと思う。

一生懸命叫ぶ兄弟と飛行機雲
友達の彼氏が梅干し屋さんとの事。
都心に本社を置き上海に支社もあり、関西の方に工場がある。
各都道府県に定期的に、数人で組んだメンバーでデモストレーションをするらしい。
飲みながら、これを聞いていると、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!と言うと、たくさんあるよ〜!と言いながら出してくれた。
この子と食べたこの梅干しが、今まででベストに美味しかった。
という事で、早速梅干しをオーダーしてしまった。

具合悪そうにお喋りする友人と公園の噴水

この一眼レフのカメラは、言いにくいが、浜で拾った。
その日、7月のちょうど真ん中で、終わりで、いつもより暑く感じた。
出かけた先で、恋人ともめてしまい、しばらく話したくないと言われてしまった。
立ち直ろうと、実家からこの海までバイクでやってきて、海沿いをゆっくり散歩していた。
すると、少し砂で汚れたこの一眼レフに出会ったのだ。
持ち帰って、重さに驚いて色々な様子を何枚か撮ってみた。
この落とし主より、いいかんじにとれているかもしれないと思った。
彼女の笑った瞬間撮りたいとか、意外とピント調節って丁度良くならないなーとか心の中で思っていた。
明日、なんとか会うことができたら、恋人に自分が悪かったと謝ろう。
解決したら、この一眼レフ、交番に届けるつもりだ。

風の強い日曜の晩にゆっくりと
仕事場で着用するジャケットを手に入れに来た。
コムサなどフォーマルなお店もいいな〜と悩んだけれど109も悪くないと思う。
20代くらいの活発な女性向けのショッピングビルで体のラインが出る服が多いのが特徴。
金額は店によって差があるのはもちろんだが、ほとんどが安め。
中で、スーツを選んでいたが、細身の物ばかり置かれていた。
着用後、少しはあか抜けているように見えるような気がする。
なかなか素敵な服選びができて、かなり満足感があった。

薄暗い休日の夕暮れはお酒を

煙草を吸う事は体調に一利もない。
と、指摘されても購入してしまうという。
昔、お客さんとして会ったデザイン会社の社長であるおじいさん。
「私が元気なのは、喫煙と日本酒のおかげです!」なんて胸を張って話していた。
ここまで言われると、出来ない禁煙はしなくてもいいのかもしれないと感じる。

怒って踊る家族とファミレス
ちょっと前までまったく知らなかったが、プールに入っても大丈夫なオムツなるものがある。
都会では、プール用オムツを着けて入れる所と入ってはいけないところがあって違うらしい。
きっと、プールに入っている人から見れば、プール用でも大便など入っているオムツで同じところに入られたら、いやだろう。
なのだけれど、親だったら、入れてあげたいと考えてしまう。
だけど、立場が逆だったらなんか不快だ。

無我夢中で泳ぐ兄さんと突風

OLとして頑張っていた時の先輩は、親が社長で、どう考えてもお金持ちだった。
小さくて可愛らしくてテンションが高い、動物を愛する先輩。
動物愛護団体など設立して、それなりに活躍をしているようだった。
毛皮反対、ヴィーガン、動物実験取りやめ賛成。
一回、部屋にお邪魔したことがあった。
都心にある上等なマンションで、六本木ヒルズが見えた。
先輩は、人懐っこくて上品なシャムと同棲していた。

風の強い水曜の午前は外へ
夏でイベントがたいそう増え、此の程、夜間にも人の行き来、車の通行がめちゃめちゃ多い。
へんぴな所の奥まった場所なので、日ごろは、深夜、人の通行も車の往来もそれほどないが、花火大会や灯ろう流しなどがされていて、人の往来や車の往来がめっちゃ多い。
平素の静まり返っている夜半が邪魔されていくぶんさわがしいことが残念だが、常日頃、活況が少ない地方がエネルギーがでているように見えるのもまあいいのではないか。
周りは、街灯も無く、真っ暗なのだが、人通り、車の往来があって、活況があると陽気に思える。

カテゴリ

ただいまの時刻


カテゴリ


「少女」のことを特別に感じている人って、たくさんいるんだろう。今までしてきた経験や先入観とかそんなのが、「漁師」と結びついちゃうことって、あると思うんだよね。

Copyright (C) 2015 星に願う少女は目を閉じた All Rights Reserved.

ページの先頭へ